セキュリティサイト > ソリューション > IPソリューション

IP ソリューション

IPカメラとは、USBとパソコンとを接続して使うWebカメラと違い、固有のIPアドレスを持つことで直接ネットワークに接続することが可能なカメラで、 ネットワークがあるところであればどこでも設置することが可能です。
次世代動画圧縮規格「H.265」や「4メガピクセル・4K」に対応した超高解像度映像監視も可能で、簡単設定で小規模運用に適した「SPシリーズ」や 機能性・拡張性に優れ大規模運用にも対応する「Xシリーズ」など、様々な環境に合わせて最適な映像監視システムを構築することが可能です。

次世代動画圧縮規格「H.265」対応
SPシリーズ、Xシリーズが対応している「H.265/HEVC」とは、従来のH.264/AVCの約2倍の圧縮性能を有する次世代の動画圧縮規格です。 従来の圧縮規格H.264では、解像度が高くなることでデータ量が増加しインフラの整備やストレージの増設などが必要でしたが、 次世代動画圧縮規格「H.265/HEVC」で高圧縮することにより、超高解像度映像でも既存の周辺機器のまま安定した運用が可能になります。
フルHDを超える超高解像度映像監視
SPシリーズでは「2メガピクセル(Full HD)」と「4メガピクセル」を、Xシリーズでは「4メガピクセル」と「8メガピクセル(4K)」の超高解像度カメラをラインアップ。 撮影の重要度に合わせてカメラを選択でき、より鮮明で高精細な映像監視が可能になります。
ラインアップ

SPシリーズは、「簡単設定」をキーワードに、主に小規模案件での運用を想定して作られたエントリーモデルです。従来の圧縮規格「H.264」の約2倍の圧縮率を誇る次世代圧縮規格「H.265」を採用し、最大4メガピクセルの高解像度監視が安定して運用できます。

SPシリーズカメラは、カメラ側のIPアドレスの登録・設定の必要がない「プラグ&プレイ」に対応し、「PoE ハブ内蔵」のため、カメラ側に電源を確保する必要もありません。カメラとレコーダーを直接接続するだけで、別途ハブやルーター等の周辺機器が必要ありません。 さらに、AHDやTVIと共通のEMSを使用することで、IP・AHD・TVIの異なるソリューションのカメラと同時にモニタリングを行うことも可能です。

Xシリーズは、「機能性」と「拡張性」に優れ、中規模から大規模案件での運用が可能なハイエンドモデルです。次世代圧縮規格「H.265」、「4メガピクセル・4K」の超高解像度監視に対応しています。

Xシリーズでは、様々な特徴を持つ4種類のNVRをラインアップし、多種多様な案件に対して様々なネットワーク監視システムの構築が可能になります。 また、「マルチベンダー」や映像解析プログラム「IVS」など様々な機能も充実し、POSシステムや入退出管理システムなどのサードパーティー製品との連動も可能な、拡張性に優れたシリーズです。

多種多様なシステムの構築が可能なXシリーズNVR
NSV6シリーズは、機密性に優れ録画映像の保存、共有などに優れたNASベース型のNVRです。RAID0、RAID1、RAID10に対応しているため、処理性能の向上やハードディスクの故障によるデータ損失を防ぐことができます。録画映像のクラウドストレージとしても活用できます。
NVR本体にモニター、マウス、キーボードを接続して設定、監視が本体のみで可能なスタンドアローンNVRです。監視映像のモニタリングにも適し、NSVS7シリーズのみに搭載されているezNUUOサービスで今までにない簡単なネットワーククライアントアクセスを実現します。 NUUO専用サーバーを介してNVRにアクセスすることで、難しいグローバルIPアドレス、DDNSの設定やポート開放など不要で、簡単にインターネットアクセスが可能です。
NSV2Uは、メンテナンスが容易に行え、拡張性に優れたPCベースのスタンドアローンNVRです。モニタ出力にHDMI、DVI、VGAを搭載し、2Uラックマウントサイズで19インチサーバーラックにも対応しています。標準のIVS機能も搭載しており、防犯はもちろんマーケティング用途としても活用できます。
最大550Mbpsの高い処理能力で、高画質・長時間録画を可能にしたNSVT9シリーズ。 今までのNVRではカメラの台数が多くなると、高解像度での録画は処理が追いつかず、画質を落として録画する必要がありました。NSVT9シリーズは最大550Mbpsの高いデータ処理能力で、1台あたりフルHD解像度のカメラを最大64台接続、録画可能です。フルHDカメラ1000台の管理も、CMSを使わず一元管理を可能にするハイパフォーマンスNVRです。