セキュリティサイト > ソリューション > アルコールチェッカーソリューション

アルコールチェッカー ソリューション

道路交通法改正による運転前後のアルコールチェック義務化に伴い、アルコールチェッカーに1年間の検知記録をデータで保存できる機能を搭載したソリューションです。専用ソフトを使用することで紙媒体で管理する際の煩雑な作業を自動化し、スムーズな運用/管理を行うことができるため、法改正後も従来と変わらない働き方をサポートします。

法改正による運転前後のアルコールチェックの義務化

2022年4月に安全運転管理者制度が改正され、安全運転管理者の業務に「アルコールチェック」が加わりました。これは一定台数以上の自動車を使用する事業所での運転前後の酒気帯びの有無について「目視等」での確認と一年間の記録保存を義務づけるものです。しかし今後の法改正により、国家公安委員会が定めた基準をクリアしたアルコールチェッカーを使用した記録義務化が予定されています。
NSSではこの法改正による各事業者様の業務負担を軽減すべく、検知した結果を自動で1年間記録できる「アルコールチェッカー+アクセスコントロール&サーマルAIカメラ」の取り扱いを開始いたしました。

運転前後のアルコールチェックが義務化されます。
耐久性にも優れ、安定した測定が可能な高精度「電気化学式センサー」採用

「電気化学式センサー」は呼気中のアルコールにしか反応しないため、アルコール以外(タバコの煙、薬、体内で発生するケトン類など)の干渉が少なく、アルコールの正確な測定ができ、誤作動によるリスクを軽減できます。また耐久性が高く、毎日の運行管理業務など、使用頻度が高いシーンではより性能を発揮します。

「アクセスコントロール&サーマルAIカメラ」との連動で、スムーズなデータ管理を実現。

一般的にはアルコール検査情報は紙やPCに記録しアナログで管理することが多いですが、毎日行う検査情報は膨大となり、1年間のデータ管理となると大変です。NSSの「アルコールチェッカー」と「アクセスコントロール&サーマルAIカメラ」を連動させることで、対象者とその検査結果を紐付けし、自動的にデータを保存することが可能です。また、顔認証や体表面温度の測定機能も搭載されており、体調管理に必要な情報をすべて入退館時に取得出来ます。
アルコールチェッカーにプリンタが搭載されているほか、記録したデータはPCを使用せずに簡単な操作でUSBに書き出すことが出来るなど、エクスポート機能面でも優れているため、はじめて導入される方でも安心してデータをご確認いただけます。

管理ソフト「HCP」を使用し、多拠点での測定結果を一括管理することが可能

アルコール検査や体表面温度の結果を
パソコンで運用/管理可能

社員の登録情報と紐づけられた「体表面温度」や「アルコール検査」の測定結果はサーバーに保存され、ネットワークを介してパソコンで管理することができます。これにより、より視覚的で分かりやすく情報を管理/運用することができます。

測定結果を
複数のパソコンから閲覧可能

複数のユーザーが、ネットワーク経由でいろんな場所からサーバーにアクセスし、情報を閲覧することができます。また、顔認証や各測定結果など、様々なアクセス許可を割り当てることが可能で、指定したユーザーに特定の情報を提供できるため、より高い運用効率を備えたソフトウェアです。

管理ソフト「HCP」をインストールした
PCで多拠点を一括管理をすることが可能

統合管理ソフト「HCP」をインストールしたPCを使うことで、「複数拠点の検査結果を集中管理」することができます。また、「入退出管理」「勤怠管理」などを一括で集中管理し、日常業務の効率化改善にも役立ちます。(※「HCP」は別途有償ソフトウェアです)