2000 Series

NSTB2000シリーズ対応 中央管理サーバー

NCMS-2250


2000シリーズメディアプレーヤーを最大250台まで集中管理可能な中央管理サーバー。コンテンツやスケジュールを効率的に管理可能。


希望小売価格:OPEN

 

NCMS-2250
※アイコンの説明はこちら

グローバルネットワーク内のメディアプレーヤーを一元管理

NCMS-2250は、設置場所を問わず、1台の中央管理サーバーで最大250台のメディアプレーヤーの表示内容を一元管理、更新することが可能です。 サーバーにはWebベースのユーザーインターフェイスが搭載されているので、ネットワーク接続されたパソコンのWebブラウザー経由で サーバーにアクセスできます。 コンテンツは、FTPおよびLAN経由のパソコンから更新できます。




中央管理スケジューリング

プレイリストの編集やメディアプレーヤー(2000シリーズ)のグループ化、週ごとの分単位の再生スケジュール、1 回限りのイベントスケジュールなどを設定できます。メディアプレーヤーは、CMSサーバーが指定したスケジュールでコンテンツを自動的に再生します。


緊急メッセージの放映

緊急時に放映するコンテンツを事前に作成しておくと、この緊急メッセージを特定のグループまたはすべてのグループ内のメディアプレーヤーで放映できます。緊急メッセージはテキストや画像、映像、HTMLなどのフォーマットで作成できます。

自由なグループ設定

地域、設置場所、表示内容など管理者の用途にあったグループを任意に作成することができるため、表示内容が異なるプレーヤーを複数台導入する場合でも、より簡単に管理可能です。



システムの一元管理

プレーヤーのログ管理や警告管理、稼働状況などをまとめて管理可能な専用ソフトウェア(SuperMonitor4)が、標準で1ライセンス付属しています。

システム仕様

オペレーティングシステム

Linux

ユーザーアカウント

アカウント数は無制限に作成可能

ビデオストリーミングサーバー

コンテンツの更新と管理

Windows® LAN (共有フォルダ)またはFTP経由でファイルを更新グループおよび集合(複数のグループを集めたもの)内にあるプレーヤーを管理フォルダをグループごとに割り当て可能250台までのプレーヤー(2000シリーズ)を同時に管理可能

スケジュールの集中管理

週単位の再生、単発の再生

マルチメディア(ビデオ)

スライドショー

テロップ

プログラム

Webプレイリスト

音量

緊急イベント

ネットワーク

プロトコル:IP、TCP、UDP、ICMP、HTTP、DHCP、RTB、SMB/CIFS、FTP

10/100/1000Mbpsイーサーネット

ディスプレイ

VGA D-SUB

ハードウェア仕様

内蔵HDD

320GB 3.5" SATA HDD×1または2(RAID1) ※容量はユーザー指定

ビデオ入力

音声入力

コネクタ

RJ45×1(イーサーネット用)USB2.0×2VGA D-SUB×1PS/2×2(キーボード/マウス用)

外形寸法

482(幅)×88(高)×450(奥)mm

外観仕様

スチール

重量

13.5kg

その他

付属品

SuperMonitor4(1ライセンス)